教養本とは…
教養ってなに?
では、データベースで「教養」を調べてみましょうか。

人間の精神を豊かにし、高等円満な人格を養い育てていく努力、およびその成果をさす。とかく専門的な知識や特定の職業に限定されやすいわれわれの精神を、広く学問、芸術、宗教などに接して全面的に発達させ、全体的、調和的人間になることが教養人の理想である。(中略)教養ということばの原語である英語やフランス語のcultureがラテン語のcultura(耕作)からきていることからわかるように、土地を耕して作物を育てる意味だったものを「心の耕作」に転義させて、人間の精神を耕すことが教養であると解されている。その「心の耕作」cultura animiという表現を初めて用いたのは古代ローマのキケロである。」
   
"教養", 日本大百科全書(ニッポニカ), JapanKnowledge, https://japanknowledge.com , (参照 2020-06-03)

だそうですよ。なんだか難しいことが書いてあるけど、教養の本って、自分自身の世界観がまたひとつ広がることと深く結びついていることなのかもしれませんね。
ぜひ、このページからアクセスできる電子ブックを読んで、自身の世界観の幅を広げてみませんか?

そして、学習・研究の入門書などもありますので、課題の参考なる本もあるかもしれませんね!


≪バナー↓をクリックすると、それぞれの一覧にリンクします!≫


            ←2021/7/27 OPAC検索が可能になりました!
 
                  

 


                                                                                                     
  古代 中世 近世 近代 *各シリーズ全巻検索は各時代カテゴリをクリックしてください。

 ←2021/9/3新規追加!




 (MeL)
★現代人の教養↑のバナーをクリックしてください。全巻検索(本文内のキーワード検索可能)にリンクします。
現代社会に必須の教養を養うため、古今東西の名著(小説から学術まで)が500冊集めました。
教養としてだけでなく、学習や研究の入門書としても利用できる本が多くあります。
収録シリーズ名
 ☆岩波文庫
 ☆岩波新書
 ☆岩波現代文庫
 ☆岩波ジュニア新書
 ☆岩波科学ライブラリー
 ☆岩波少年文庫
*印刷、ダウンロードはできません。
*OPACでも検索可能です。 ← OPAC検索ができるようになりました 2021/7/27


 (MeL) 
★現代人の教養Plus↑のバナーをクリックしてください。全巻検索(本文内のキーワード検索可能)にリンクします。
先に導入していた<岩波書店「現代人の教養」>に新たに250冊が追加されました。
教養としてだけでなく、学習や研究の入門書としても利用できる本が多くあります。
*印刷、ダウンロードはできません。
*OPACでも検索可能です。 ← OPAC検索ができるようになりました 2021/7/27


 (MeL)
UP選書↑のバナーをクリックしてください。全巻検索(本文内のキーワード検索可能)にリンクします。
東京大学出版会が1970年から1990年にかけて出版した学術書の定番・UP選書から275冊の選りすぐりを集めました。
社会科学、自然科学、多方面の分野の本が収録されています。
*OPACでも検索可能です。



 (MeL)
★平凡社新書↑のバナーをクリックしてください。全巻検索(本文内のキーワード検索可能)にリンクします。←資料数はこちらが断然多い!
平凡社新書(スマホ・読上)←読み上げ機能付きならこちら
平凡社が1999年に刊行開始した新書のレーベルから60冊をまとめました。
創刊時のキャッチフレーズは「自分を広げる、世界が変わる」。
歴史から科学、社会環境までさまざまなテーマの本があるので、自分自身の世界観も広がるかもしれませんね?!
*OPACでも検索可能です。
*随時、Newコンテンツ追加!



 (MeL)
★平凡社ライブラリー↑のバナーをクリックしてください。全巻検索(本文内のキーワード検索可能)にリンクします。
スマホ・読上版の全巻検索はこちら
平凡社が1993年に刊行開始した叢書レーベルから163冊、そしてスマホ・読上版を20冊、まとめました。
学術・教養書、文学の再刊・増訂版が多く、「再読」「再考」「再発見」できるシリーズです。
*OPACでも検索可能です。



(MeL)
★歴史文化ライブラリー↑のバナーをクリックしてください。全巻検索(本文内のキーワード検索可能)にリンクします。
<1冊の本から広がる知的冒険の旅へ>をテーマにしたシリーズです。
吉川弘文館が刊行し、考古学、古代史、中世史、近世史、近現代史、文化史・誌、民俗学・人類学、世界史の8つのカテゴリで、330冊を超える本が揃っています。
日本・世界の歴史に読む人を誘う本が揃っています。

*OPACでも検索可能です。
*随時、Newコンテンツを追加していく予定です。



 (MeL)
★読みなおす日本史↑のバナーをクリックしてください。全巻検索(本文内のキーワード検索可能)にリンクします。
歴史専門の出版社である吉川弘文館が刊行する日本の歴史学の名著です。
さまざまな視点から日本の歴史を解き明かす本が100冊ほどラインナップされています。

*OPACでも検索可能です。
*随時、Newコンテンツを追加していく予定です。



 (MeL)
★日本の歴史↑のバナーをクリックしてください。各タイトルから各電子ブックにリンクします。
古代・中世・近世・近代と時代別に日本の歴史が詳しく解説されており、古代から近代まで日本の歴史を25冊で読み通せるシリーズです。
*OPACでも検索可能です。



 (MeL) 
青弓社ライブラリー↑のバナーをクリックしてください。各タイトルから各電子ブックにリンクします。
社会学を中心にサブカルチャーにもその領域を広げています。1999年に刊行が始まり、2021年3月には第100巻目を迎えたシリーズです。
*OPACでも検索可能です。




(MeL)  ← 2021/9/3 新規追加!
丸善ライブラリー↑のバナーをクリックしてください。各タイトルから各電子ブックにリンクします。
20世紀末から21世紀にかけてさまざまな知を結晶した80冊を超えるシリーズです。
*OPACでも検索可能です。